仙台デザインリフォーム
あなたの街の仙台リフォーム会社/宮城県仙台市で電化リフォーム・健康リフォーム中心の住宅リフォームや増改築工事をお客様と真剣に向き合い、満足度の高い仕事をする為に日夜、奮闘している様子を紹介いたします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
晴れ間の間に虹が見えました 

虹

中山付近から宮床方面を見た処です。朝の虹は久し振りのような気がします。少し、癒されました



スポンサーサイト
現場でのクレーム
新築物件のクレームがありました

ひとつはプレカットでの間違いで土台に欠きがある部材の上に柱が立ってしまっていて、それを放置していて、お客様に指摘されました。また、もうひとつはホールダン金物の納まりが悪いとの指摘、羽子板が入っていたので、少し、斜めについてしまって、プレカット会社からの支給された金物がもう少し、長いボルトだったら、よかったのですが、ホールダンを止めたビスが柱から、少し離れていて金物が密着していない点。

この2点は早急に改善しますが、お客様からの指摘ですので、私どもの管理不足は言い逃れできないです。土台については、大工さんに聞くと、担当者との間で後から、手を入れると思っていたとのことですが、早めに処置しておいて、欲しかったと思います。
また、ホールダン金物についても、長さの足りないものを使用するのでは無く、交換をして取付しておけば良い話しですので、この辺の打合せや指示命令伝達系統に問題ありと感じます。出来るだけ、安全協力会にエンパワーメントしていますが、要所、要所をしっかりと締めて、職人が入った材料でただ、金物を付ければいいと言う発想は転換しなければなりません。今までは、正直、金物の取り付けは大工さんまかせで多少の斜めでの取り付けは現場納まりの中で、自分の大工経験から、あまり、意識していなかったと思います。

今回、大きな問題はお客様を不安にさせたことです。直せば良いとの話しではなく、ひとつ、ふたつのミスが大きな不安となり、全体を疑心暗鬼で見てしまわれます。住んで時間が経過すれば、弊社の建物の良さはご理解できると確信していますが、造っていくプロセスも慎重にしていきたいと思います。お客様だって、言いたくないことも嫌な思いで話されていると感じます。大きな反省の日です
協力会幹事会
安全協力会の幹事会を開催し、忘年会等の打合せを兼ねての会食。5名にて打合せ終了し、今後の方針確認

各幹事さんからの建築業界の厳しさや危ない大手業者のことなど、業界自体の景気低迷が深刻さを増している実態が報告されました。上場企業30社がなくなる時代ですので、本当に下請している会社さんは、上手に見極めていかねば、大きな痛手を負うはめになりかねませんね

特に大手の中で、あの会社もローコスト住宅?っていった、戦略が打たれている事に驚きもありました。自社の特徴が崩れてきてしまっては逆に生き詰るような気がします。首都圏では資金繰り悪化から、マンションの販売価格が半値以下まで下げてお金に換えていることも聴きます。当面は乗り切れますがその後はどうなっていくのか。いよいよ、深刻になってきますよね

策定会議
毎年、行っています策定会議

策定会議
来期の主要となるメンバーで現状の問題点、やるべきことの優先順位の確認 

お客様重視の戦略的な会議と位置づけして終了しまして、会議終了後は場所を移動しお客様を創造しながらの会食。楽しみな来年が待っているような気がします



雪化粧
雪が平地にも降り積もりました

雪化粧
 
午後には解けると思いますが、朝夕、とても、寒くなりましたね。写真の場所は南中山です。道路もシャーベット状態です。通勤時には比較的に女性ドライバーは慎重な運転をしていました。嫌な季節となってきましたね

3連休
3連休ですが、今回は休日なしで、出たり、入ったり

見積作成、新築現場確認等でふる稼働。1日違いで大きなミスにもなりえますので、外せない日もありますよね。
西多賀建売引渡前打合せ
引渡しに際して、建物の追加注文を頂きまして、引渡し時までに、段取りをして完成させます

要望は収納が多いです。キッチン、洗面所、トイレ、空きスペースへの棚類の注文でした。また、ウッドデッキやTV配線追加などが増えました

こういった要望を踏まえて、今後のプランつくりに反映させたいと思います


南中山土留工事
南中山土留

天気も良く、仕事のしやすい日です。土留工事は延べ10日くらいかかります

南中山着工
南中山の土地取得に伴い、土留工事が着工します。60坪弱の土地(南西角地)に32~33坪程度のオール電化住宅を建設予定です。月内に確認申請を提出して、3月竣工予定で進みます

仙台にも雪が降りました。今朝は今年、1番の寒い朝を向かえました。タイヤ交換はまだでしたが、路上は大丈夫と思いまして運転しました。早めにタイヤ交換と考えます

青森では積雪30cmを超える雪と聞きました。寒暖が激しいと住宅の性能の違いがはっきりと出ます。良く聞く話でマンションは冬は暖かいと聞きますが、その暖かいの基準はどこからきてるのかが疑問です。性能の良い戸建て住宅からすれば、マンションは寒いと感じますし、その逆もあります。感じ方はそれぞれでしょうが、最終的には光熱費の比較がわかりやすいと思いますね

工程会議
着工物件や今後の物件についての会議を毎週火曜日に行ってますが、大型物件が2件、工期遅れ、他は工期内にて引渡し完了予定

工程の中で、問題と思われるのは、色決めが終わっていないで着工し、後で、工事担当が苦労している点。最終図面があって、お客様の捺印があって、なるべくなら、変更が無い事が、望ましいが、中には、変更もさることながら、色の間違いなどで、商品交換なども、出てくる。最終確認の図面が無い事が後で、苦労しています

契約工期は約束であり、その代償が支払いです。どちらも契約に謳っている以上はしっかりと、守るのが当然ですので、この辺の意識改革をして、決して、お客様に甘える事無く、引渡しをするべきと反省する会議でした



機関誌「盛和塾」別冊
機関誌が郵送されてきました

「盛和塾」別冊版です

タイトルは『われ虚心に経営を語る、塾生経営体験発表集Ⅲ』

体験者の発表の個々のタイトルが「思念は必ず実現する」「儲からないのなら止めたらいい」「従業員の物心両面の幸せを追求する」「動機善なりや」「いろんな人材がいてこそ、組織は成り立つ」etc、、、

小タイトルからしても、経営の舵とりをしっかりとして、ご苦労されてきたのを感じとれます。前向きな経営者には錦がさしていると感じます

珈琲ショップ
珈琲ショップに出かけました

IMG_4700.jpg
IMG_4706.jpg

商談中のお客様で福島県にある珈琲ショップがお気に入りとのことで、外観、内観をリサーチ。丸太組のログハウスでした。木の香りがしてとても、落ち着いた感じでくつろぎ、珈琲を1杯飲み欲して帰仙しました

朝9時出発、午後3時に戻ってきましたが、運転は結構、きつかったですね。でも、久しぶりに美味しい珈琲を口に出来ました
建て方
宮城県黒川郡富谷町上桜木で本日から土台引きと建て方が始まりました
建方1
建方2

金物を絞めて1階部分を固めます。明日、2階の建て方に進行していきます

基礎完了
宮城県黒川郡富谷町上桜木にて建設中の基礎が出来ました

基1
基2

朝7時20分、すでに大工さんが入っていて、土台を引く準備に取り掛かっていました。また、材料運搬車も荷降しをしていて、非常に朝が早いと思います。天気も良く、気持ちの良い朝ですので、仕事ははかどると感じます

給付金
定額給付金って、『どれだけの経済効果があるのでしょうか』と、疑問を持つ人は多いのではと感じます。その支出額以上の国民負担が目に見えてますよね。いよいよ、政権交代しないと駄目だと思いませんか。他に打つ手はないものなのか。目先の浅はかな考えでは日本の先行きは厳しいですね。もう、今の自公連立では先が見えている気がします

これだけ、景気が落ち込んでいる上に2~3年で消費税のアップは冷え込みに拍車がかかるでしょうね。同じお金を投じるなら、子供世帯への援助やこれからの20年計画くらいの福祉政策など、日本で暮らす上での安心感を国民に与えて欲しいものです。それがなかったら、消費には向かないと感じますね。議員さん達、先生と呼ばれるのなら、もっと、将来を見据えた提案を出してくださいね

仙台市もそうですね。地下鉄建設の負担は市民に大きなつけがくるでしょうね。現在運行中の地下鉄の計画から現実までの検証が果たしてどうなのか。収支はどうだったのか。その上で着工に踏み切るかという判断をして欲しかった。現在着工中の収支予想の責任はだれも取らず、また、新しい工事の負債も市民が泣き寝入りになりますよね。きっと、、、、
早朝現場研修
富谷町上桜木で新築中物件の現場での研修

現在までの経緯や今後の工程の説明と留意点の確認。仮囲い、近隣の状況。看板の設置状況の確認。順調な滑り出しで進行中。建て方まで、雨が降らないでと願いつつ、現場を後にして、ファミレスにて朝食を取り、解散

いかなる場でも報告相談が出来るものであるが、いまいち、物足りなさを感じた日となりました



インテリアコーディネーター
異業種交流会で知り合い、長くお付き合いしている友人がインテリアコーディネーターの試験に一発合格したという、朗報が入りました。51歳でのチャレンジに感服いたします

彼女は宅建も持っており、資格マニアとはいかなくても、自己の向上心は旺盛です。見習わないとダメですね。試験は短期集中力が欠かせません。暗記力が試験の結果を左右します。年齢を重ねるごとに、自分の記憶力の衰えは自覚症状がはっきりしているだけに悲しいですね

記憶力といえば、自分の母は88歳ですが、日増しに衰えを感じます。つい、先日の記憶がなくなっていたり、自分の行動が解らなくなっていたりと悲しいですが、物凄い勢いで老いていってます。自分が88歳まで生きられるかは解りませんが可愛い年寄りになれたらと思います 
1昨年、お客さんのおばあちゃんがなくなりました。生前、私が会う度に話していたのは『私は娘に世話になっているけれども娘のお荷物だけにはなりたくないよ』と。いつも、明るく、家族の良いところだけを語っていました。可愛いおばあちゃんでした。そんな、年寄りになりたいと感じます
土間打設
富谷町上桜木で新築中のべた基礎の土間コンクリートが打設されました

基土間1
基土間2

少し、水が引いてからこてで均して仕上がります。天気も崩れなくて、良かったです。来週から立ち上がりの型枠を取り付けて水曜日くらいにはコンクリートが流し込まれます

べた基礎
現在、着工中の富谷町上桜木の現場です

尾形基礎1
尾形基礎2
べた基礎です。土間コンクリート打設前です。JIOの鉄筋検査も終了し、明日、コンクリートを流し込みます

中古住宅物件売買完了
仙台市青葉区中江の物件が無事、決済、引渡しに至りました

今回の引渡しはパルコが入ってるビルの16階。スルガ銀行の接客室。買主、売主、各不動産業者、
司法書士、銀行員の立会いにより、無事、決算を終えて融資実行となり、入金確認し、引渡し

仙台駅横の16階とあって、非常に眺めが良く、気持ちよく、サインし、終了後、買主から赤飯を頂いて帰りました。ありがとうございました

仮囲い
新築注文住宅が富谷町上桜木で始まります

仮囲い

工事中は近隣に細心の注意を払いますが、それでも、クレームが来る場合があります。でも、注意のひとつに、近所の子供が工事中に現場に入り込まないように、仮囲いをして注意を促すとともに、風などで、ゴミが飛んでいくのを防ぐためにも土地の周囲に網を張っています

音や、埃にも十分に気を使い、完成後の施主様の近隣との有効な関係が築いてくれたらと思います

第3四半期結果
第3四半期が早くも終わりました。月日の立つのは早いものです。あと、2ヶ月でお正月が来ますね

業績のほうは対前年同月比、受注は140%、売上98.7%です。受注した分が最後の四半期にオンされますので、最終見込みの売上は前年比130%くらいになる予定です

しかし、景気の不透明さは図り知れないですね。今年は良くても、翌年が見えないのが現状です。ただ、今までやってきたことを進化させて、一人一人のお客様を今まで以上に大事にしていかなければと感じます。満足度の高い引き渡しをして、お客様からお客様を紹介に与ることが最終的には世の中から支持される会社にと落ち着いていくのでしょうね。最終四半期、きっちりと仕事をこなしたいと思います

今時期になると、弊社の建てたお家に住んでおられる方から、喜びの連絡が入ります。「本当に暖かいお家です」と。何だか、こちらも嬉しくなります。寒くなった時期だから、せめて、お家の中だけは暖かくしておきたいのが心情と感じますね。灯油も高騰しているから余計に、光熱費がお得なオール電化住宅が喜ばれますね。安全・クリーンなお家が良いですよね



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。