仙台デザインリフォーム
あなたの街の仙台リフォーム会社/宮城県仙台市で電化リフォーム・健康リフォーム中心の住宅リフォームや増改築工事をお客様と真剣に向き合い、満足度の高い仕事をする為に日夜、奮闘している様子を紹介いたします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
致知3月号
巻頭の言葉でウシオ電機会長の不思議の勝ちを演出するとのタイトルで語られている言葉があります。

『勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議の負けなし』失敗には必ず原因がある。今、成功している企業で『不思議の勝ち』で成功を収めているところも多く見受けられる。と、警笛を鳴らしています。若い経営者や歴史の浅い会社は長所進展に力を注ぎ、経験豊富な経営者、伝統ある会社は短所是正に重点を置く傾向がある。いずれにしても自分の会社の特徴を十分に生かして経営することと、書かれております。

一般にマネジメント会社は成功事例を羅列して『おたくも乗り遅れないように』と、言葉巧みに勧誘する。同じ成功事例を皆が実行したら失敗事例になってしまう。世の中の成功事例を自社にアレンジして自社の長所を伸ばし短所を是正する。この割合のバランス感覚が会社を伸ばすかどうかの瀬戸際と感じます。

『天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず』時代の流れで時は大事な要素、時代はマッチしていても、商売は特質が合って成功できるもの。流行っているからって、手を出しても儲かるとは限らない。また、人の和もそうだ。引っ張っていくリーダーも大事だが、人を巻き込む資質が必要。会社への帰属意識が薄れている現在、社員に『あの人が行くなら私もついていく』と、言って頂ける人間性を磨きたいものである。

同業者も色々な分野からの参入が多々あります。儲けようと思って参入してくる人はいつか、いなくなっています。あれがだめなら、こちらへと職を変える人はまた、1から始めるエネルギーは大変です。でも、継続できるエネルギーに少しだけ、発想の転換を図り、自分の為から人の為へと自然と考えが移行した時に大きく伸びるのではと思います。
20070403084330.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hanku2525.blog50.fc2.com/tb.php/100-7fd18ce6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。