仙台デザインリフォーム
あなたの街の仙台リフォーム会社/宮城県仙台市で電化リフォーム・健康リフォーム中心の住宅リフォームや増改築工事をお客様と真剣に向き合い、満足度の高い仕事をする為に日夜、奮闘している様子を紹介いたします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リフォームビジネス
リフォーム新聞社発行の新連載に『まだ、続けるんですか?10年前のビジネスモデル』と題して第1回として新築とリフォームの違いと題して1ページを使っての記事が掲載されている。

筆者の言いたいことはリフォーム業者はセミナー参加やら勉強熱心な経営者が多いし、10年前のビジネスモデルで思考錯誤していることが問題と提起している。

私が思うのはリフォーム業界でもコンサルする人もいるが、人の受け売りでは成功する確率は非常に低いと感じる。また、団体や協会等のたぐいも経営者が勉強するのはいいが、まねをして失敗する経営者が多い。私は増改築や住宅リフォームというのは他社の成功事例から、自社に置き換えて自社の本来の強みを生かして加工して経営に生かせる工夫をしなければならないと思います。反響ちらしで成功した会社があるから、自社でもやってみようと市場に何十万枚も投下して成果に結びつかない例は沢山あります。また、新しい用語もそうです。自然素材がもてはやされている感があります。自然素材は確かに身体に優しい、健康志向にはもってのほかですが、その分、お手入れにかかる時間は通常の建材類の3~5倍はかかると思います。それだけ、自然で出来ている商品はデリケートといえるでしょう。自然派というのは本来、大地や自然の恵みを大事に思い、感謝し、物を大事にする人という解釈を私はしています。そういう、生き方が出来る人がこだわりを持って生活にも天然の素材を身体で感じながら生きている。休日もお家のお手入れを怠らないことが自然に出来ることが要素と思います。

以前、自然素材のワックスが人気になりましたが、今は2分しています。販売業者も縮小気味となりました。高い、ワックスを買い続けることは無理が生ずるのか。ただのブームだったのか。

日本人は新しい用語に食いつくがすぐ、飽きて次なるものに移行していく傾向が強いですし、販売業者も売り込みをしますが、長くは続かないのが多いと思います。

リフォーム業で一時的に成功している会社は沢山あります。ただ、長く成功し続けるのは難しい。自社の強みを最大限に生かし、いまある、人・物・金を使い、周りの人を動かして3年先くらいの目標設定を明確にして経営していくことがベターかなと思います。

新築とリフォームの大きな違いは単価の違いです。単価が小さいだけに新築に従事している人の3倍は身体を動かさなければならないという、基本的なスタンスで仕事をすることが間違わない経営と自分に言い聞かせています。だから、休む暇は無い。それがリフォーム業である。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hanku2525.blog50.fc2.com/tb.php/127-a3e3ea81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。