仙台デザインリフォーム
あなたの街の仙台リフォーム会社/宮城県仙台市で電化リフォーム・健康リフォーム中心の住宅リフォームや増改築工事をお客様と真剣に向き合い、満足度の高い仕事をする為に日夜、奮闘している様子を紹介いたします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご紹介物件完了
お得意様からの紹介物件が完了しました。
玄関の床のフロアー重ね張り、縁側の床のえんこ板重ね張り、台所の床クッションフロアー張り、和室出窓のカウンタークッションフロアー張り、玄関壁のクロス張りが主な工事内容。

その中でカウンターにクッションフロアー?って思う人もいると思います。今までは木質フロアーが張ってありました。お客さんがこのカウンターとしての用途は植木鉢で花の観賞を楽しんでおられました。でも、どうしても、水を使うときにこぼれてしまい、拭き残しなどがしみになっていました。この問題をクリアしないと同じ様な素材で新しくしてもまた、しみがついてしまいます。ですから、素材の変更を提案しました。
素材的には水を弾くものか吸収するものが良いと思います。弾くものはクッションフロアーなどのビニール系。吸収するものはタイルなどセメント系や石系。金額的にも見た目にも良いと判断したのがクッションフロアーを現在の上に張り合わせる方法です。
クッションフロアーも木目が多くありますので、違和感は全く無く、無難に仕上がっています。

上記の工事すべてで工期3日間。工事費45万で済みました。床の断熱工事の提案はしませんでしたが30mmの敷居の段差が解消されてつまづくことは心配ありませんが、今まで敷居をまたいでの生活だけに慣れるまで数日はかかると思います。

工事担当者は毎日、大工さんやら内装屋さんやらと打ち合わせをしますが、工事中、営業して、3日間、毎日、顔を出して進捗確認や工事中の生活の配慮をしたつもりですが、お客様側から見た視点はいかがだったか?すべては工事完了後に送付する【お客様アンケート】での結果判断待ちです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hanku2525.blog50.fc2.com/tb.php/160-66574bc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。