仙台デザインリフォーム
あなたの街の仙台リフォーム会社/宮城県仙台市で電化リフォーム・健康リフォーム中心の住宅リフォームや増改築工事をお客様と真剣に向き合い、満足度の高い仕事をする為に日夜、奮闘している様子を紹介いたします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
床の断熱材
断熱材にも沢山の種類があります
20070623102351.jpg

床に断熱材が入って無く、非常に寒い家でしたが、しっかりとレベル調整をして床の下地の状態です

20070623102509.jpg

ちょっと暗く写ってますが青いのが断熱材です。厚さ60mmで、発泡ウレタンで出来てます。

断熱材は種類は沢山あります。一概に長所や短所がありますのでどれが良いかは施工方法によっても変わりますが宮城県は湿気が非常に多い地域なために床の湿気は非常に気になるところです。ですから、湿気に強いウレタン系の断熱材が大掛かりな施工時は使用しています。
ただ、施工中の隙間が出ないように施工時は熟練が必要です。また、気密を高めるために気密シートを上から貼り付けます。ここまですると床からの冷気や湿気は床下でシャットアウトできます。

10~30年前の建物を500件以上にも検証した結果、床下には綿系(グラスウール・セルローズファイバーなど)の断熱材よりはウレタン系が良いと当社では判断しています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hanku2525.blog50.fc2.com/tb.php/184-fb4be350
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。