仙台デザインリフォーム
あなたの街の仙台リフォーム会社/宮城県仙台市で電化リフォーム・健康リフォーム中心の住宅リフォームや増改築工事をお客様と真剣に向き合い、満足度の高い仕事をする為に日夜、奮闘している様子を紹介いたします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
致知1月号
月刊誌【致知1月号】の題材は『健体康心』

健康とは健体(すこやかな体)と康心(やすらかな心)のこと。体を健やかに保つことは天地から与えられた人間の務め。それ以上に大事なことは、心を康らかに保つこと。体が丈夫でも心が康らかでなければ健康とはいえない。と、出だしに書かれております。考えさせられる文面ですね

特集は金城学院大学長柏木哲夫氏と福岡教育大学名誉教授地三郎氏の対談から始まりました。この対談、101歳の教授の体験談は到底、真似の出来ない悟った生き方と感心しています。

10頁に及ぶ対談の中で『使命・懸命・宿命』とあり、少し、自分は間違って解釈していた部分があったことをこの紙面から図り知ることが出来ました。また、患っていた子供を見送り、妻を見送り、そして、健常だった娘をも見送った時の涙が出ない、そんな懸命な生き方は101歳の重みとして捉え、自分の生き方にプラスして見習いたいと考えます

とかく、人のために生を成すと簡単に言うものじゃないとつくづく、反省します。ひとのためとは人が認めて始めてそうであって、軽々しく人に言うものではないとこの対談から学んだような気がします

致知2008.1


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hanku2525.blog50.fc2.com/tb.php/309-62a41e15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。