仙台デザインリフォーム
あなたの街の仙台リフォーム会社/宮城県仙台市で電化リフォーム・健康リフォーム中心の住宅リフォームや増改築工事をお客様と真剣に向き合い、満足度の高い仕事をする為に日夜、奮闘している様子を紹介いたします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
工程会議
段取り8分とは良く、言ったもの。現場のすべては段取りで決まる。特に材料の現場納入のタイミングは時間単位が望ましい。増改築は特にそうだ。お客様が住んでいるところなので、場所が狭い。この辺の状況判断で1時間単位の工程表ができたらと常々、感じるところです

1時間ごとの工程でなくとも、午前を2分割、午後を2分割の工程表をもとに現場進捗を把握できればある程度、工程が進んでいく過程は現場も綺麗だし、整理整頓もし易いと思っています。この辺の現場管理者の密な現場連携がお客様にもスムーズな引渡が出来ると思います

工程会議でのやりとりで商品発注や職人のローテーションをリアルタイムで把握出来ていることが望ましいことと、思えることが大事。決して、お客様不在にならず、問題が起きた時の報告・連絡・相談は当たりまえとの認識で望むこと

現場が重なると、頭を整理し、優先順位さえ、間違えなければ、クレームにならないし、特に現場管理者は自ら、作業をしてしまうと、他の現場に大きな支障をきたす。営繕会社とは違う、現場管理のあるべき姿の追求につきるのではないか。段取りで80%は決まるという、先輩の教えを忠実に守りたいものです



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hanku2525.blog50.fc2.com/tb.php/339-321880e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。