仙台デザインリフォーム
あなたの街の仙台リフォーム会社/宮城県仙台市で電化リフォーム・健康リフォーム中心の住宅リフォームや増改築工事をお客様と真剣に向き合い、満足度の高い仕事をする為に日夜、奮闘している様子を紹介いたします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒルズで研修

20061117105512.jpgヒルズの夜景
六本木ヒルズ49階で外部研修に参加した。リフォーム業者60名を超える人が集まり、盛況に始まった。二部構成でスタート。

一部の講師の話は今後のトレンドと成功事例が主に紹介されたことと、10億企業から30億企業へのステップアップについて語られていた。
私はコンサルタントの話は聴きはするが、実行となると、わが社に置き換えて良く良く考えて加工して応用する。
3年前のチラシの成功者の事例の時もそうだった。コンサルタントは早くチラシ戦略をしないとだめ。みたいなことを話す。だが、3年たった今はもう、下火だし、チラシ戦略に走った会社のほとんどが影を潜めた。また、自然素材もそうだ。多店舗展開をコンサルタントは促す。どうだろうか。これも、今は下火。
また、今、注目されているのは『ロハス』という、言葉。3年後はどうなっているのだろうか。
10億から30億へのステップアップには大型リフォーム展示場が必要と語っていた。しかし、どうだろうか、皆がそうしたら、どうなるのか。資金力のある大企業にはかなわないと思う。

目先の成功事例に現在、余力があるからといって、手をだすと、経費がかさみ、後で、取り返しがつかなくなる可能性も出てくる。

二部についてはキャドの最新技術。当社にとっては時間差が必要かな。リフォームは新築と比べると3倍の経費がかかる。その辺を十分と認識しながら、コストを抑え、そして、最大の満足に変えることが必要だ。色々な経費を考えると、出費は最小限にそして売上は最大限にしていくことの中で、機器の導入が望ましい。

経営は生き物。今日の社長のメッセージが明日、変わるとの認識で変化対応をせざるを得ない。どちらかというと、異業種から学んだほうが、案外と間違わないかもと感じる。

いずれにしても、パラダイムの変革はその時々に必要。会社を大きくしたくなった時に大半の人が失敗している。大きくするのではなく、結果、大きくなったというスタンスが理想形だと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hanku2525.blog50.fc2.com/tb.php/46-4a05f330
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。