仙台デザインリフォーム
あなたの街の仙台リフォーム会社/宮城県仙台市で電化リフォーム・健康リフォーム中心の住宅リフォームや増改築工事をお客様と真剣に向き合い、満足度の高い仕事をする為に日夜、奮闘している様子を紹介いたします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
定年後の生活設計

先日、宮城県仙台市在住の教員退職者からのリフォーム相談にお伺いしました。ご夫婦ともに教員でしたが数年前に退職なされ、今は旅行や趣味を楽しんでいるようです。


相談内容は茶の間・廊下・和室・洋室の内装模様替え程度の軽微な内容ですが、旅行から帰って来たらすぐやりたいとの事でした。急ぐ理由をお聴きすると、娘さんが初孫の誕生とのことで、ついつい、顔がほころんでおり、私共も急いだ段取りが出来る様にとお話を終えました。その話の中で現役当時の話になり、『定年後はお金への危機感があった』と話されました。しかし、現在65歳ですが『思ったよりも生活にかかるお金はかからない』との話でした。
普段の生活は『趣味の山登り・たまの旅行』で、現役当時の生活にかかるお金と比べものにならないくらい、出費は少ないとのことなので、思ってた以上に共済からのお金と退職金を生活に当てると十分過ぎるとのことでした。


このご夫婦は築20年のお家を現役当事に『キッチンリフォーム・ユニットバスリフォーム・外壁塗装』など、住宅にかかる大きなリフォームは終えていたので、残った内装を今回、完了することで、住宅には今後、あまりお金がかからず、生活のみになります。だから、生活設計をするに当たり、マネーシュミレーションにおいては良いほうの誤算だったのではと、思います。


ここで学びたいのは50代から、しっかりと定年後を見据えた生活設計をしておくことが、大事なキーポイントだったと思います。大きな出費はやはり、住宅です。『ついの棲家』をしっかりと設計しておくことが生活にゆとりが出てくると感じました。その住宅造りにお役に立てれるのはとても嬉しいことです。


初孫という響きはとても良いと感じます。皆さん、早く見たい孫を照れくさそうに想像で話してくれます。元気で丈夫な子供の誕生を願っております。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hanku2525.blog50.fc2.com/tb.php/66-6ae2c1ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。