仙台デザインリフォーム
あなたの街の仙台リフォーム会社/宮城県仙台市で電化リフォーム・健康リフォーム中心の住宅リフォームや増改築工事をお客様と真剣に向き合い、満足度の高い仕事をする為に日夜、奮闘している様子を紹介いたします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
言葉
先日、当社の協力会会長と大工さんとで食事しながら研修の打合せ中に店内に飾ってあった、言葉に『高いつもりで無いのが教養・低いつもりであるのが気位。深いつもりで無いのが知識・浅いつもりであるのが欲望。厚いつもりで無いのが人情・薄いつもりであるのが面皮。強いつもりで無いのが根性・弱いつもりであるのが自我。多いつもりで無いのが分別・少ないつもりであるのが無駄』
唖然とした反面、そうだよな。全くその通り。と、感慨深く思い、メモしてきました。

五日市剛さんの『ツキを呼ぶ魔法の言葉』はもう、読んでご存知だと思いますが、その本の中に汚い言葉は自分に返って来ると、あります。私もその言葉には同感です。社内でも会議において、いつも注意していることは『ここにお客さんや自分の家族がいる』と、思って会議や研修をしましょうと、呼びかけています。
ある大手新築メーカーはお客さんを1本、2本とカウントします。どうも、私は馴染みません。会議でも今月何本上げるんだと営業部長が声を張り上げます。お客さんは上げるものでしょうか。人は大きく変われません【会議中の言葉とお客さんと接している時の言葉】。どこかでボロがでてしまいます。だから、会議中もお客さんがいると思って言葉使いに気をつけようと促しています。

月末会議に話す言葉に『月が変わったら真っ先に今月仕事を頂いたお客さんにお礼に行きなさい』そして、『感謝を伝えなさい』と。もう、何十回も言って来たのでこの頃は又始まったとメンバーからは思われているかも知れません。でも、大事な言葉だと思っています。
自分への戒めの言葉は多いほうが良いし、また、自分を注意してくれる人は宝物ですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hanku2525.blog50.fc2.com/tb.php/69-2c2e6086
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。