仙台デザインリフォーム
あなたの街の仙台リフォーム会社/宮城県仙台市で電化リフォーム・健康リフォーム中心の住宅リフォームや増改築工事をお客様と真剣に向き合い、満足度の高い仕事をする為に日夜、奮闘している様子を紹介いたします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古い付き合いの先輩
仙台に住居を移した頃(14年前)に知り合った先輩がおりますが、今回、自宅隣のお家をリフォームさせて頂きました

主にクロス張替です。震災でかなりヒビが入っていましたので、既存クロスを剥がしてボードの浮いている所はビス止めしてパテ処理をして貼りあげました。ほとんどの部屋に亀裂が入っていましたが、少し、明るめのクロスで仕上げましたので部屋が明るくなったと評判が良かったです

この先輩との付き合いはかれこれ14年。仙台に来てからの付き合いです。私どもが応援している『ふるさとキャラバン』や『ザ・ニュースペーパー』のファンです。今度、11月にニュースペーパー仙台公演がありますので、ご案内を差し上げる約束をしています

今回の工事で大変、驚いたのは2階の洗面化粧台の鏡がボードにビス止めしただけで下地が無かったことです。大手の鉄骨プレハブメーカーの仕事とは思えないことで、お客さまも怒り心頭でした。また、1階の和室が図面ではペアガラス仕様ですが、実際はガラスだけ、後からペアに交換してあり、網戸が横にスライド出来ない状態でした。こんな仕事を見たのは、初めてです

我々の仕事でも、ボードにアンカーを埋め込んでいることが時々、見受けられます。これは、駄目ですね。結局は後々にクレームになります。簡単に済ませることは現場を納めている人には良くありがちな施工方法ですが、長くお付き合いを望んでいる弊社にとってはやっちゃいけない施工方法です。ボードアンカーは軽量のものを取付ける時には有効ですが、重量のあるものは時間と共に、重みに耐えられなくなります

リフォームしていて良く、見受けられるのが手摺を後付けする時にこのアンカー止めしている会社があります。これは絶対やっちゃいけません。手摺はとっさの時に全体重がかかります。体重を支えることが出来なくなりますので、非常に危険です。下地を施してきちんと取付ることが原則ですが、お客様は分かりませんので、少しでも安く仕上げたいからといって、安易な方法でもまかり通ります。建築には沢山、落とし穴が存在していることを理解して欲しいと思います




  ・・・当社のホームページの紹介・・・

仙台市を中心としたリフォームのホームページはファミリ工房東北リフォームへ
  http://www.famirecoubou.ecnet.jp/


仙台を中心とした新築のホームページはファミリ工房東北新築へ
  http://www.famirekoubou.ecweb.jp/


仙台市を中心とした屋根・外壁塗装のホームページは仙台塗装へ
  http://www.sendaitosou.net/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hanku2525.blog50.fc2.com/tb.php/991-ed070983
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。